発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行 Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  Shop Guide >>  木曽ひのきの木工製品 ばん木工店

2013/ 9/05掲載 
 

木曽ひのきの木工製品 ばん木工店

  町田市相原町1264
  tel. 042-771-7331
  駐車場有
  9:30〜19:00
  仕入れ等にて、臨時休業あり(電話にて確認後の来店 推奨)


ばん木工店外観

ばん木工店 地図

ばん木工店 製品

ばん木工店 製品

木曽ひのきの「ミニまな板」 (下台付き)1,000円。果物などを切るときにちょうど良い大きさ。

 

ひのき材・年代物の金具を使う、日常使いの手作り家具

   JR横浜線「相原駅」の踏切を高尾方面へ渡り、少し進んだ町田街道沿いの敷地に、木工品が並ぶ場所がある。10年ほど前には、神棚やまな板が主だったが、最近では、収納庫や飾り棚、アンティーク調にペイント仕上げされた物も置かれている。
 通る度に「工房?材木店?」と、気になっていたので、訪ねてみると「木曽ひのき ばん木工店」という看板が掛かっていた。

店主に声をかけると
「もともと内装業をしていたのですが、木工の腕を磨きたくて、ここを作業場兼ひのき販売をしていた宮大工の親方の下で、約5年間修行をさせてもらいました。当初は、神棚、座卓、まな板などをつくっていました。実は年代物の金物を収集してるので、ひのきの家具にそれらを付けたものも販売しています」

 こだわりの家具というより、日々気負い無く使えるものをつくるという店主。ひのきは香りが良く、その美しい木肌と色合いが特徴。仕上げも自然素材が基本だが、要望に応じてアンティーク風の塗装にも対応。注文制作の場合は、ひのきの調達や乾燥期間に時間がかかるため、納品まで数ヶ月かかる。また、ひのき材や彫刻材などの販売、まな板の削り直し (800円〜) も重宝だ。
 木の温もりとレトロな雰囲気が特徴の「ばん木工所」の家具。仕入れや納品ほかで不在の時もあるので、訪ねる時は、電話で確認してから出かけることをおすすめする。

ばん木工店 製品

木曽桧の収納庫 39,000円 。昭和初期の氷冷蔵庫のような趣が…。

ばん木工店 製品

テレビ台 (仕様・材料により価格が変わります)。

ばん木工店 製品

電話台 (仕様・材料により価格が変わります)。

ばん木工店 製品

木曽ひのきの収納庫(アンテーク風仕上げ)13,000円。

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ