発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行 Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  Shop Guide >>  生活雑貨 PEDLAR(ペドラー)

2006/04/05掲載 
 

■相模原市緑区橋本2-3-5 岩澤ビル2F
■TEL 042-854-7250
■営業時間 11:00〜19:00
■定休日 日・月曜日
■URL http://pedlar.jp/







↑手づくりの急須。サーバー付なのでコーヒーを淹れることもでき、温めるためのウォーマーもある。

↑天然石と組み合わせた鹿の角のアクセサリー

↑ひとつひとつ柄が違う鍋つかみ。シンプルな柄なのでテーブルに置いても違和感がない。

 

ずっと大切に使ってゆきたい、自分だけの『お気に入り』を探す店

 橋本駅南口の雑居ビル2階にある生活雑貨の店「ペドラー」。目立つ看板や案内板が無いのであまり知られていないが、ここは、作家による手作り品や国内外から仕入れた生活雑貨を置くこの地域では稀少なセレクト・ショップなのだ。
 オーナーの村山さんは、イギリスへの短期留学の時に、現地のかわいい雑貨たちにめぐり合い、帰国後、都内の雑貨店で働くことに…。そして、休日には、他の雑貨店や個展、陶器市などを見て回るたび雑貨に魅了されていった。今でも時間を作っては、様々な工房や展示会に出かけ、本当に気に入った品物だけを仕入れてくる。
「私自身本当にほしい物だけ、ずっと使いたいと思うものにめぐり合うまでは買わないと決めています。とりあえず…がいやなんです。ほしい物はいろいろありますが、大切に使っていきたいと思うものにはなかなか出会えません。何でも簡単に手に入る世の中で、私にとって、ずっと大切に使っていきたいものは、ほんの少しなんです」
 開店してから今年の7月で3年。最近、やっと自分らしい品揃えができるようになったそうだ。
「ペドラー」には、シンプルだが、作り手の温もりが感じられる品物が多い。作家物と聞くと高額な感じがするが、この店では、使い勝手が良く、日常に使える手頃な価格帯の品物を揃えており、キッチン雑貨などは数百円で購入できる。 最近は、ホームページを見て、大量生産でない、良質の雑貨を探しに遠方から通ってくるお客も増えてきたそうだ。
「うちのお店では、ゆっくりとしてくださるお客様が多いんです。声をかけていただければ、使い方などもお話しますが、自由に見ていただくのが一番です」
   ギフトの相談や作家へのオーダーにも気軽に対応してくれる気さくなオーナー。個性が光るラッピングも好評だ。 
 店内は、2階という立地のおかげで、駅周辺の喧噪が届かず意外と静かで明るい。ショップというより、ギャラリーのような雰囲気だ。たまには、自分だけの時間を作り、自分のためのお気に入りのモノを探しに訪ねてみてはいかがだろう。

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ