発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行 Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  ぷれいすがいど >>  さがみ湖温泉うるり


2013/05/05掲載 
 

さがみ湖温泉うるり

■ 相模原市緑区若柳1634 さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト内
【バス】「橋本駅」から「三ヶ木」行き「城山総合事務所入口」下車徒歩10分
■ 駐車場 温泉利用の場合は無料
<注> プレジャーフォレスト (遊園地) と入口が同じため、ゲートにて一度駐車料金を支払い、レシートと引き換えに温泉フロントにて返金
■ TEL 042-685-2641
■ 営業時間【 入浴 】10時〜22時 ※ 最終受付は21時
     【 岩盤浴 】10時半〜21時半
■ 入館料 【 平日 】 大人  900円 小人 450円
     【 土日祝日・繁忙期 】 大人 1,000円 小人 500円
 ※フェイスタオル、バスタオルのレンタル料含
■岩盤浴料金 ( 小学生以下は利用不可 )【 平日 】 280円 【 土日祝日・繁忙期 】 380円
 ※岩盤浴着、大判タオルのレンタル料含
http://www.sagamiko-resort.jp/



さがみ湖温泉うるり  外観

【交通アクセス】
◆車で橋本方面から…津久井街道(412号)を相模湖方面へ向かい「内郷診療所前」信号を過ぎて2つ目の信号右側
◆バスで橋本駅から…「橋本駅」北口・1番のバス乗り場より「三ヶ木」行き (約35分)→「三ヶ木」下車→「相模湖駅」行き〔平日1時間に1〜2本〕に乗換え (約10分)→「プレジャーフォレスト前」下車
◆バスで相模湖駅から…「相模湖駅」より「三ヶ木」行き〔平日1時間に1〜2本〕(約 8 分)「プレジャーフォレスト前」 下車

※詳しくは公式サイトで

さがみ湖温泉うるり  浴場

さがみ湖温泉うるり  浴場

 

雄大な自然の中、森林浴と美肌効果のある天然温泉の恵みを満喫!

  今年3月、相模湖へ向かう手前、津久井街道沿いにある「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト(前ピクニックランド)」内に、「さがみ湖温泉 うるり」がオープンした。ここは、自然溢れる遊園地の入口にほど近い高台に位置し、約二千メートルの掘削を行い、ナトリウムー炭酸水素塩・炭酸塩温泉を源泉とする大型温泉施設。

 石老山の借景を楽しめる展望風呂エリアには、源泉であり、美肌効果のあるアルカリ性温泉「源泉岩風呂」、血流促進効果があるといわれる「人工高濃度炭酸泉」、「寝転び湯」がある。また、広々とした湯涼みデッキもあり、入浴と森林浴による二重の恵みを得られる。屋内には、「人工高濃度炭酸泉」「ジェット 風呂」、「高温サウナ」や「塩サウナ(女性のみ)」などがある。

 そしてぜひ体験してほしいのが、トルマリンや麦飯石、黄玉といった、それぞれ効能の異なる8種類の鉱石を使用した「岩盤浴」。別料金(平日280円・時間制限無し)となるが、女性専用もある癒しの空間でじっくり汗を流せる。「岩盤浴」とは、床に敷き詰めた天然石を加熱して発生する遠赤外線を利用した温熱浴施設で、バスタオルを床に敷いてその上に横たわると、床面からの輻射熱によって全身がくまなく温まる。ほど良い室温なので、サウナが苦手な方でも過ごしやすい。同じエリアには、火照った体を休めるためのリラクゼーションスペースやクール室もあり、自分のペースで「岩盤浴」ができる。

 そのほか、どこからでも自然を感じられるよう中庭を囲むようにレイアウトされた館内には、女性専用もある「お休み処」、マッサージの「ほぐし処」や地元の食材を活かしたメニューを中心に提供する「食事処」もあるので、休息をとりながら、いろいろなお風呂に浸かってのんびりと過せる。休日は、併設の遊園地帰りのファミリー層で賑わうが、平日はまだ空いているので、森林浴を兼ねて訪れてみてはいかがだろう。


さがみ湖温泉うるり  浴場
▲屋根付きの源泉「寝ころび湯」。ゆったりと流れる湯のせせらぎに身を任せては… 
さがみ湖温泉うるり  浴場
▲異空間の中で横たわり、からだの芯から温めることができる「岩盤浴」 
さがみ湖温泉うるり  浴場
▲足を降ろして、腰掛けて入ることができる展望風呂「高濃度炭酸泉」。目前の石老山を眺めながら、時間を忘れてのんびりできる 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ