発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行 Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  ぷれいすがいど >>  エームジーク・スタジオ 太田ピアノ教室

2010/11/05掲載 
 


■住 所 相模原市緑区橋本3-20-15 イッシンビルB1
■TEL 080-5179-0821(太田)
■e-mail : tarootapf@yahoo.co.jp


太田ピアノ教室 地図
■Lesson
「基本は毎週1回、決められた時間の中でピアノを中心に必要に応じて歌やリズム遊び、スケッチや鑑賞、複数でのアンサンブルのレッスンを行います。ただし、演奏会や発表、また受験を希望していたり、学びたい方は回数に制限をもうけておりません。必要に応じて月に何度でも通ってくることが可能です(太田)」

30分レッスン…10,000円/月
60分レッスン…15,000円/月
90分レッスン…20,000円/月

◆ 受験生は、受験の1年前より特別料金設定
◆ 2歳〜、上限はなし

問い合わせは、電話かEメールで

太田太郎氏
ピアニスト・ピアノ講師 太田 太郎
Plofile
国立音楽大学ピアノ専攻、ドイツ国立リスト音楽大学ピアノ専攻、同大学院ピアノ専攻卒業。7年間の留学期間中、交換留学生としてノルウェー国立スタバンゲル音楽大学へ推薦入学、北欧各地で演奏会を行う。ドイツ留学中オペラプロジェクトに抜擢され、全11公演の室内オーケストラのピアニストを務める。また、イタリアではソロデビューコンサートが好評を得る。帰国後はソロをはじめ、小林道夫氏との連弾など室内楽演奏にも力を入れている。古いピアノを使ったコンサートや現代音楽を発表するエームジーク企画のコンサートなど活動の幅を広げている。また後進の指導にも力を入れており、国立音楽大学大学院声楽科のピアノ伴奏助手を歴任の後は、音楽スタジオ“エームジーク・スタジオ”を開設し、音楽指導とともに自身の演奏活動および研究を精力的に行っている。
アレクサンダー・タンスマン国際音楽コンクール(ポーランド)ディプロマ賞、ロンドン国際音楽コンクール(イギリス)第5位、ファウスト・ザドラ国際ピアノコンクール(イタリア)優勝。神奈川県立音楽堂推薦音楽会出演、メンデルスゾーン音楽祭(ノルウェー)出演。これまでにピアノを伊作真理、三輪房子、今野信子、G.ザイデル、G.オットー、E.エリクソン、K.シルデの各氏に師事。加藤一郎、柳川守、小林道夫、故森安芳樹、田村美和、A.アルニム、G.オピッツ、M.バスティンスの各氏からも折りをみてアドバイスをもらう。

 

音楽を通じて、人と人とのつながりが芽生える。好きだからこそ広がる、無限の音の世界。
  橋本駅から徒歩5分ほど。マンションの少し狭い階段を降りてドアを開けると、思いがけずゆとりのある空間が現れる。グランドピアノが2台。ゆったりと並び、奥には大きな絵画が飾られている。

 今年4月、太田太郎さんは『エームジーク・スタジオ 太田ピアノ教室』を自宅からこの場所に移した。
「数年前までピアノバーだったらしいんです。防音がしっかりしていて、思い切り弾いても外にはほとんど聞こえないんですよ」

 国立音楽大学、ドイツ国立リスト音楽大学でピアノを専攻した太田さん。学生時代から教えることは好きだったが「ちゃんと教えたい」と構想を温め、帰国後、演奏活動と並行して教室を始めた。
 一般レッスンは2歳から受け付けており、上は80代の方がいるという。また、出張レッスンも精力的に行っている。
「小学校入学時に習い始めるケースが多いようです。2〜3歳から始める場合、まずは音に慣れ親しむレッスンをします。柔らかい感覚を持った幼児に、固定した情報を教え込みたくないんです。会話ができるようになってきてから、ドレミを始めます」

 ドイツ留学中はシュタイナー教育についても学んだ。教室ではピアノのほかに必要に応じて、ダンスや絵をレッスンに取り入れている。
「ご両親が『長続きしないだろう』と思っていたのに、ピアノと絵の才能を開花させたという子もいます。音楽が好きだということがなにより大切なんです」

 音大受験を目指して通う子も多い。ただし受験はひとつの通過点であり、その先が長いと太田さんは話す。
「練習にしても就職にしても、好きだという気持ちが強くないと、辛いだけになってしまうと思うんです」
 時には音大以外の道を示すことも厭わない。本人の将来を思うからだ。一方で、弾きたいという気持ちにはとことん応える。規定の時間以外でも、都合が合えばレッスンをする。今のところ追加料金はとっていない。
「その方が上達するし、長続きするんです。特に子どもは弾きたい時とそうでない時がありますから」

 月に1回、この場所でレッスン生同士の発表会をする。一番の目的はコミュニケーションをとることだ。
 子どもたちは学校でのこともよく話す。太田さんはピアノの先生であり、兄貴分のような存在だ。
「大人の方も熱心に練習されます。子どもや孫と一緒に、という方もいますよ」
 レッスン生でなくても、弾きたい人に場を提供することもあると言う。グランドピアノを思い切り弾けることに加え、不思議な居心地の良さが魅力的な空間だ。

太田ピアノ教室 室内

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ