発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行 Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  ぷれいすがいど >>  ふじのアートヴィレッジ

2010/09/05掲載 
 

ギャラリーの新しいカタチ

■住 所 神奈川県相模原市緑区牧野5570 ( 旧藤野町 )
■TEL 090-5564-6776(中村)
■Open 土・日曜日 11:00頃〜17:00頃
    ※金曜日オープンのコンテナもあり。記事参照
■交通 「県立藤野芸術の家」バス停すぐ 、駐車場有
● J R中央本線「藤野駅」から「やまなみ温泉」行きバスに乗車。「藤野芸術の家」下車すぐ
● 車:国道20号「日蓮入口」信号から県道76号へ。道なりに2km先の道路左側 県立「藤野芸術の家」入口
■HP http://www.fujino-art.com/


外観図イラスト

「円弥会」毎月第1土曜日開催
こころがやさしくなる
円道一弥 朗読の会

*円道一弥:劇団シェイクスピア・シアターで20年間にわたり活躍。現在、朗読表現の活動を行う。藤野在住。
会場:野山の食堂 19時開演
定員:30名 (申込み順)
入場料:1,500円(コーヒー付)
申込み:090-5564-6776 (中村)


月極ギャラリー 出店者募集

木の温もり溢れる10平米のコンテナを月極にて貸し出し中。問い合わせ:ふじのアートビレッジ/中村 090-5564-6776

月極コンテナ 外観

9月の展示作品

藤野の隣、山梨県上野原町在住の作家4人による陶芸、絵画、アクサリー、革作品の 共同展示。訪れる人たちとの交流も創作の励みに

月極コンテナ 外観

野山の食堂

毎週 金・土・日 11:00頃〜15:00頃
薪ストーヴで食材20種類以上をコトコト1週間煮込んだシチュー(パン付)だけの食堂。男料理の素朴さとオープンテラスでの山里の眺望に大満足!
店内は、藤野BC工房のテーブルや椅子が!座り心地が良くて、ついつい長居を…


すぐそば!
県立 藤野芸術の家

〜 泊まってくつろいでアートする 〜
県立藤野芸術の家は、「ふれあい、体験、創造」をテーマにした豊かな自然に恵まれ た芸術体験施設。いつでも気軽に陶芸や木工、ガラス工芸などの芸術体験ができる体 験工房と宿泊棟、そしてスタジオ・ホールもあり音楽、劇、ダンスなどの日帰り練習 や合宿などもできる
■相模原市緑区牧野4819
■tel 042-689-3030
■開館時間 9:00〜21:00
■工房受付
 9:00〜12:00、13:00〜15:00
 ※作業は、17:00で終了 
■休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)
 ※年末年始は12/28〜1/4
http://fujino-art.jp/
◆秋〜初冬の工房期間限定メニュー(当日受付)
12/27(月)まで  9:00〜15:00
ガラス『フュージング〜アクセサリー作り 800円〜』
木工『自然素材 みつろうのキャンドル作り 1,000円』

 

木造のコンテナギャラリーが立ち並ぶ 楽しいアート市場
 山に浮かぶ、巨大なアート「緑のラブレター」などで知られる藤野町(旧名称)は、 太平洋戦争の末期にさまざまな分野の芸術家たちが戦火を逃れ疎開してきたことや伝 統芸能の継承により、芸術の町としての藤野町が芽生えはじめた。昭和61年には『藤 野ふるさと芸術村構想』が提唱され、野外彫刻などが点在する『芸術の道』や『県立 藤野芸術の家』も開設。今では多くの芸術家が集う町になった。

 今年4月『県立藤野芸術の家』のすぐそばに、週末だけ開業する『ふじのアートヴィレッジ』がオープン。木造のコンテナギャラリーが点在して大きなアート空間を創り出している。
「藤野は、芸術の町と言われていますが、どんなアーティストたちが、どのような 作品を創り出しているのかが、解りづらいのが現状です。この場所を、工房にこもりがちな創り手と受け手の『たまり場』にできたら。と考えています」。ヴィレッジ は、藤野に縁のある重鎮3氏のそんな発想から出発。敷地の奥には、彼らによる『野山の食堂』があり、みんなの休息の場となっている。発信の場を求めるアーティストには、月極ギャラリーも用意。常に新しい風が吹く『たまり場』から創造される力が、これからのヴィレッジを豊かに育んでいくことだろう。

咲かせる工芸 里山ガーデンアート[Bota]田畑美穂

咲かせる工芸 里山ガーデンアート

イングリッシュガーデンと日本庭園、それぞれの分野で活躍する夫妻が提案する庭。
自宅の庭の寸法と写真を持参すれば、アドバイスを受けることもできる。
写真は「国際バラとガーデニングショウ連続受賞作品」
*ハンギングバスケット教室開催。詳細は、http://www.toujuteien.jp

陶 磁 器
磁器工房「静風舎」副島泰嗣・「中村藤平 陶スタジオ」中村藤平 ほか

陶磁器

本紙 2007.8月号にて紹介した「静風舎」(掲載誌は夫人の微美子氏) の副島泰嗣氏の透明感溢れる白磁や、地元の土と釉薬を使った茶道具や注ぎ器などを焼く 中村藤平氏の作品のほか、地元で作品作りに励む若き作家たちの作品などが展示

きらきら硝子  ガラス工芸/アキノ ヨーコ、山崎 葉、田村 悠

きらきら硝子 ガラス工芸

本紙 2008.7月号にて紹介した「アトリエアキノ・津久井」のアキノ ヨーコ氏、山崎 葉 氏、田村 悠 氏 (多摩美術大学卒)の個性的な3氏によるガラス作品の展示 ※バーナー ワークの製作体験有[Eメール lamudona@yahoo.co.jp]

アート驚く パンドラの匣 山本能理雄/画家

アート驚く パンドラの匣

ポップで自由な感覚の作品は、平面・立体やモビールなどさまざま…。自作をプリントしたTシャツも好評。11:00〜15:00

革と帆布 ぞうさんのバッグ工房 *金・土・日オープン GAJA

革と帆布 ぞうさんのバッグ工房

本紙 2005.4月号にて紹介した「藤野BC工房」がつくる、丈夫で使いやすいトートバッグなど。牛革、帆布、椅子用の生地を利用したバッグは、お洒落なだけでなく、やさしい使い心地。
*製作実演中
*革の端切れ 200円/g

藍は愛 *金・土・日オープン ブライアン・ホワイトヘッド

革と帆布 ぞうさんのバッグ工房

蚕を育て、藍を栽培。染め、織りまで、藍の仕事を一から十まで手がける。シルクスカーフや柿渋染め作品などが並ぶ。藤野在住 藍染・織物職人 ブライアン・ホワイトヘッド氏の作品。藍染めのワークショップを開催(要連絡)[Eメール konyabryan@gmail.com]

古美術・山野草・雑貨 山本能理雄/画家

古美術・山野草・雑貨

所狭しと並ぶさまざまな器や、古美術品の数々…

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ