発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  松橋 利光
この街・あの人・どんな顔       松橋 利光   2014/7/05掲載

「この街・あの人・どんな顔」

昆虫や、は虫類などの写真を中心に活躍する
カメラマン 松橋 利光

まつはし としみつ 1969. 8.25生 相模原市出身・在住
公式HP
http://www.matsu8.com/

まつはし としみつさんの著書
「生きもの つかまえたら どうする?」
「生きもの つかまえたら どうする?」新刊 文・秋山 幸也 絵・こば ようこ 偕成社刊 1,620円

「虫と蟲とムシ」
「虫と蟲とムシ」新刊 グラフィック社刊 1,620円

「嫌われ者たちのララバイ カエル」
「嫌われ者たちのララバイ カエル」 グラフィック社刊 1,620円

「嫌われ者たちのララバイ ヘビ、トカゲ、ヤモリ」
「嫌われ者たちのララバイ ヘビ、トカゲ、ヤモリ」 グラフィック社刊 1,620円

絵本であそぼ!  いきものさがし「どこにいるかな?」
絵本であそぼ! いきものさがし「どこにいるかな?」 アリス館刊 1,512円

「パンダのひみつ (飼育員さんおしえて! )」
「パンダのひみつ (飼育員さんおしえて! )」文・池田菜津美  新日本出版社 2,376円

※価格は2014年6月現在のものです

 

先月、相模原市立博物館で写真展「相模原の生きもの、見つけた!」を開催した、カメラマンの松橋利光さん。水族館の飼育員を経て、18年前にフリーのカメラマンとして独立した。「子どもたちに偏見なく生き物を見てほしい」と、さまざまな写真集や児童書などを手がけている。


 カエルもトカゲも「かわい〜い」
 6月の毎週金曜日、読売新聞夕刊に掲載されたコラム『ペットライフ 教えて! 撮影のコツ』をご覧いただいただろうか。執筆したのはカメラマンの松橋利光さん、おもに昆虫や動物の撮影で活躍中だ。

 昆虫が苦手な記者たちも、松橋さんが撮った昆虫やは虫類には思わず「かわい〜い」と言ってしまった。

「コツがあるんですよ。カエルはここ、トカゲはここと、指でそっと押さえると動きを止める場所がある。でもアリとか、それを見つけられないんです(笑)」

 白い背景にピシッとポーズをきめた生き物たちは、いきいきと何かを語りかけてくるようだ。

 カエルの楽園計画
少年時代は野原を駆け回り、昆虫を追いかけた。

「ある時でっかいヒキガエルを3匹つかまえて自転車のカゴに入れ、こう、出るな出るなって押さえながら帰った。『カエルの楽園計画』と名付けて庭の池で飼おうと…」
 ところがカエルはすぐに逃げてしまう。試行錯誤を繰り返したが、やがて計画は断念した。
「でもね、中学生の時かな、庭にこんな小さいヒキガエルが出たんですよ。ということはここで育ってた。翌年には産卵に戻って来たヤツもいた。で、楽園計画成功(笑)」

 高校は横浜まで通学した。
「朝4時半起きで10個ぐらいある水槽の水を替えてました」
 部活は無し。部活をしていたら「ペットショップに寄れないから」。さらに「昼飯もヌキ。昼飯代でエサを買っていたから」。卒業後は江ノ島水族館に就職をした。

 自然の姿を伝えたい
イルカやラッコの飼育係を経たのち、相模川ふれあい科学館に異動になった。
「通路に水槽を並べて、時間ができるとカエルを採集に行ってました。小学生のときにやっていたことをまた始めちゃった(笑)」

 生き物が自然の中でどう暮らしているのか、子どもたちに伝えたい一心でカメラを手にするようになる。切り貼りでつくった解説を展示し、産卵の様子などを伝えた。

「わりとすぐ、思い通りの写真が撮れるようになったんです」

 写真を仕事にしてはどうかと知人に声をかけられた。
「ちょうど異動で江ノ島のショーの担当にまわされそうになったから、それはイヤだな、と」

 退職し、小さな出版社に就職した。
「でも合わなくて半年で辞めちゃった。いや、クビかな(笑)」

 表情豊かな生き物たち
独立し、カエルの写真集などの企画を出版社に持ち込んだが、なかなか実現しなかった。
「きらいな人が多いのに、売れるわけないでしょ、って」

 ある時、白い背景でカエルやは虫類を撮影してみた。
「面白い写真が撮れた。そのあたりから本を出せるようになって…」

 ただ単に白い背景が目新しかったわけではない。子どもの頃から生き物と向き合ってきた松橋さんだからこそ撮れた生き物たちの豊かな表情が、見る人の心に響いたのだろう。

「生き物を飼うって本当に難しいんです。僕はたくさんの生き物を死なせてしまった。その中で命の大切さを学んだのだと思う」

 虫やは虫類が苦手という方も、ぜひ写真集を手に取ってみて欲しい。ひとつしかない命をひたすら生きる姿に、思わず顔がほころんでしまうに違いないから。


イベントのお知らせ
相模大野図書館、相模原市立博物館共催事業
「めざせ!生きものマスター!!」(仮題)

講師/カメラマン 松橋利光、相模原市立博物館学芸員 秋山幸也
   ペットショップオーナー 後藤貴浩(8/27のみ)
8/20 相模大野図書館 図鑑の使い方生きもの比べなど
8/27 相模原市立博物館 生きものの飼い方や持ち方のお話など

予約受付など詳細については7月15日相模原市広報をご覧ください。

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ