発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  阿部 毅
この街・あの人・どんな顔       阿部 毅    2013/4/05掲載

「この街・あの人・どんな顔」

シニアふれあいサロン in 西門 代表
阿部 毅

あべ たけし 1942. 6. 17生  相模原市在住

「家に閉じこもらず、地域社会(人)に関わることが、前向きで健康に生きるための秘訣です。そのためのツールとしてこのサロンをぜひ、利用してほしい」

■ セカンドステージの経歴
2005年
運営していた医療機器関蓮会社を廃業
コミュニティビジネスへ向けて準備開始
2006年
コミュニティビジネスアドバイザー、
コーディネーター 資格取得
2008年
シニアふれあいサロンin西門オープン
■ 主な活動内容
コミュニティカフェの運営
レンタルスペース・BOXショップの運営
シニアうたごえ in さがみはら西門 開催
生活よろず相談
コミュニティビジネスの起業相談
■ 連絡先 シニアふれあいサロン in 西門
tel. 042-810-6172
相模原市中央区相模原6-19-15

シニアふれあいサロン in 西門のご案内
■おしゃべりサロン
 「楽しくおしゃべりを」
 月〜金曜日 10:00〜17:00
■うたごえサロン
 「生演奏で歌うひととき」
 第2・第4金曜日13:30〜16:00
■カルチャー教室
 「趣味を通して仲間づくり」
ウクレレ、絵筆教室、健康麻雀、料理教室ほか
※参加費は300円〜1,500円。お好きな時に参加。いずれもワンドリンク&お菓子付
 月〜金曜日10:00〜17:00
■たまり場(レンタルルーム)
 半日3,000円〜
 日・祝日10:00〜17:00
■シニア起業とよろず相談
 (予約随時受付中)
 起業アドバイスや生活に密着した諸事
 「お困りごと」に関する相談

 

ビジネスの手法を用いて地域課題を解決し、住民が主体的に活気ある街づくりをめざす「コミュニティビジネス」。現在、相模原市でも多くの団体が運営する中、モデルケースとなっているのが「シニアふれあいサロンin西門」。代表の阿部 毅氏にその手法を伺った。


 セカンドステージヘ
 60歳を過ぎても、医療機器関連会社の社長として多忙な日々を送っていた阿部さん。体調を崩したことを機に、思い切って会社を整理した。
「余力のあるうちに、次のステージのことを考えようと思いました。ちょうど、団塊の世代が定年を迎える時期と重なっていた頃でした。地域に戻ってくるシニアの方々が、これからを楽しむためには、今まで培ってきたスキルを活かして活躍できる場所や、地域の人々に喜ばれる役割が必要だと思い、シニアの方に役立つことをしたいと考えました」

 阿部さんは、まず、コミュニティビジネスについて勉強。シニア起業の手助けをするアドバイザーとコーディネータの資格も取得した

 シニアの集いの場
 まだまだ元気なシニアの方々に、街へ出てもらって地域の活性化にも貢献してもらおうと「シニアふれあいサロンin西門」をオープンしたのは65歳の時。開業費用は自前。3年間で赤字を解消することを目標に事業を展開した。

 サロンは、月曜日〜金曜日、10時〜17時まで営業。この間は、自由に誰でも交流カフェ(コーヒー代300円)として利用できる。
また、フラダンス、健康麻雀、ウクレレ、川柳教室などのイベントを常時開催、1,000円〜1,500円 (カフェ&お菓子付き) で参加可能だ。

 取材した日は、ウクレレ教室の日で、和気あいあいと演奏を楽しんでいた。初心者でも数回参加するうちに、見よう見まねで弾けるようになるという。このサロンで開催する教室は、特別な講師を呼ぶことなく、自分の得意なことを仲間に教えるという形をとっているのが特徴的だ。「教え合う」喜びや、仲間と「ふれあう場=居所」がサロンに集まる人の手で生まれている。

 そしてこれが、補助金を受けることなく「コミュニティビジネス」として成り立っていることが何より素晴らしい。

「地域のためのビジネスといっても、事業が自立し継続するために必要な収益を上げることが大切だと思います。この数年間、事業をしていた時の経験を活かしてさまざまな可能性を模索してきました。今年度からやっと収支が合ってきたところです。今後は、サロンの充実のために少しでも余剰金を作りたいですね」

 現在、サロンの年間利用者は約3,000人にも及ぶ。「維持協力金」として有志から年3,000円 (参加費割引特典付き) を募集したり、地域全体から集客をする「シニアうたごえ inさがみはら西門」を開催。

  阿部さんは、現在70歳。行政を頼らずに運営を継続する経営努力と「楽しんでもらう」工夫を惜しまない。その柔らかな笑顔の奥にある凛としたパワーを見習いたい。



うたごえ喫茶

↑ー新宿うたごえ喫茶「ともしび」から、スタッフを招き毎年開催している
470「シニアうたごえ in さがみはら西門」

シニアサロンの様子

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ