発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  平岡 亮一
この街・あの人・どんな顔       平岡 亮一    2013/3/05掲載

「この街・あの人・どんな顔」

相模原市 あじさい大学で健康体操を指導
日本体操研究所 健康運動指導士
平岡 亮一

ひらおか りょういち 1976. 2. 6生 徳島県出身 相模原市在住

「高齢で体を動かしにくくなっても、その時できる範囲での健康づくりを、笑顔で楽しくサポートしていくことが目標です」

■ おもな経歴
’93年 第48回国体 男子新体操 準優勝
 〃 全日本ジュニア選手権 男子新体操 準優勝
’94年 日本体育大学体育学部体育学科 入学
’95年 世界体操祭 最優秀演技チーム賞(主将)
’98年 日本体育大学体育学部体育学科 卒業
’01年 日本体操研究所 専任職員
■ 連絡先
日本体操研究所
tel.042-732-9357 fax.042-732-9358
東京都町田市成瀬が丘3-1730-3
■ 指導可能な講習内容
ダイエット、シェイプアップの専門的指導
ラジオ体操の実践・指導 生活習慣病予防の指導
(高血圧・高脂血症・肥満・骨粗鬆症・糖尿病)
腰痛・肩こり・ヒザ痛予防・改善教室
スポーツイベントの企画・運営
健康づくりの効果的なウォーキング・ジョギングの指導
など

相模原体操祭
2013年11月24日(日)開催
相模原市立総合体育館
[相模原市南区麻溝台2284-1 ]
参加団体の募集は7月の予定。
問い合わせ 相模原市体操協会
tel. 042-733-1631

相模原市あじさい大学
平成25年度の受講生募集は、3月中旬の「広報さがみはら」をご参照ください。
問い合わせ 相模原市役所高齢者福祉課 tel. 042-769-9231

 

相模原市には『あじさい大学』と称した生涯学習の場がある。市内在住の60歳以上の方を対象とし、毎年5月から翌年の2月に開講される。30科目以上の講座の中で『健康@』(健康体操)を受け持つのが、日本体操研究所の平岡亮一さんだ。来年度の講座で3年目となる。


 あじさい大学で健康体操
 書道、陶芸、パソコンとバラエティに富んだ講座がある『あじさい大学』の中でも、『健康体操』は人気があり、募集人員も多い。
 平岡亮一さんは、『健康体操』を担当して、来年度で3年目になる。
 また、講座修了後、もっと続けたいという人たちが立ち上げたOB会が市内に十数団体あり、そのうちの3団体の指導も担当する。
 ほかに、高齢者福祉施設、一般企業、子ども向けの指導、スポーツイベントでの指導など、あらゆる場での体操指導を日本体操研究所のスタッフとして行っている。
「いや、僕、実は運動オンチなんですよ(笑)」
 無駄な脂肪のない、俊敏そうな体と、さわやかな笑顔、はきはきとした元気な声で意外な言葉を口にした。

 「体操」を生業とする
 徳島県の豊かな自然の中を駆け回って育った。ボーイスカウトに入り、海や山にも出かけた。が、学校での部活動には消極的だった。
「いろいろな部に入退部を繰り返し、遊んでばかりいました」
 高校1年生の10月、体育の授業で軽々とバック転をした平岡さんに教諭は体操部に入るよう勧めた。
「半ば強制的に入れられました(笑)。そこで見た先輩方の体操がカッコ良くて…」
 やがて頭角を現し、3年生の時には国体の男子新体操で準優勝、日本体育大学に進学した。
 卒業後、一旦実家に戻って家業を継いだものの、体操を続けたいという思いを断ち切れなかった。
「3年間で、体操で生計を立てられるようにならなかったら戻るという約束で、再度上京しました」
 インストラクターやプール監視員などのアルバイトをしながら道を探り、3年経つ頃、テレビ・ラジオ体操で有名な長野信一氏が所長を勤める日本体操研究所で職を得た。

 高齢者の健康づくりをサポート
 体操以外では、読書、ゲーム、将棋が好きだと言う。
「実は、球技が大の苦手。子どもの頃から、まったくダメなんです」
 2人の娘の父親でもある。近所づきあいには積極的だが、地域のソフトボール大会への出場を頼まれても「それだけは」と、かたくなに拒否するのだと笑う。
「体操しか取り柄がないですから、大好きな相模原を体操で元気にしたいと思っています」
 現在、指導を担当しているのは、高齢者対象が圧倒的に多い。
「自分よりずっと人生経験豊富な方たちに指導なんてしていいのかと思いました。なんでも見透かされそうで(笑)」
 昨日飲み過ぎたんでしょ、と声をかけられたこともあったと話す。
 人生の先輩方には、体操に通いながら、まだまだ若い優しい指導者をあれこれと心配することも、きっと楽しみのひとつなのだろう。それも、若さを保つ秘訣かもしれない。



体操の様子

↑あじさい大学 健康体操OB会、相模湖センター

ダブルダッチの様子

↑日体大OBのダブルダッチチーム『飛猿(ひえん)』。各地で 演技披露を行っている

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ