発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  布作家 イシカワ カオル
この街・あの人・どんな顔       布作家 イシカワ カオル 2011/11/05掲載

「この街・あの人・どんな顔」

古い布地を使ったバッグや小物を制作
布作家   イシカワ カオル

いしかわかおる1974.10.30生 川崎市出身 相模原市在住

HP http://sovasova.com/
E-mail mail@sovasova.com

「着物の役目を果たした布は、使って使って小さくなるごとにいろんな物に変身する。捨てられないことを楽しむんです」

書籍「ヴィンテージファブリックでつくる雑貨とバッグ」
「ヴィンテージファブリックでつくる雑貨とバッグ」「ヴィンテージファブリックでつくる雑貨とバッグ」 イシカワカオル著
(株)グラフィック社刊 1,300円(税別)
ガマ口、カードケース、ハンコ入れ、バッグなどを型紙、作り方の解説付きで掲載。制作の基本的なテクニックも紹介されている。
※読者プレゼントがあります。


がま口型バッグ
テレビ番組で紹介されたバッグ

がま口型小物入れ
幅13cm程のダブルがま口。裏地との組み合わせも楽しみのひとつ。

ハンコ入れとポーチ
左/ハンコ入れ。わずかなハギレがあればできる。
右/祖母の着物の裏地で作った作品



 

着物地やデッドストックの古い布地を使ってバッグや小物を制作するイシカワカオルさん。お手玉の形をしたバッグや、パチンと閉じるがま口は、どこか懐かしく、かつモダンで古くささはどこにもない。新しく活躍の場を得た古布が、いきいきと輝いているような印象を受ける。


ハギレではなく、使える物へ
 古い着物や、可愛い柄の子ども服。もう着る機会はないけど、活用させたいという方も少なくないはず。
 イシカワカオルさんが『布作家』への第一歩を踏み出したのも、祖母から母を介して受け継いだ古い着物やハギレだった。
「大好きなおばあちゃんの着物。ハギレで持っているよりは使える物にしたい」
 そう考え、ポーチを作った。それをきっかけに少しずつ生地を集め、制作を始めた。
「その頃は建築・設計関係の会社のOLでした。残業も少なく、趣味や勉強に時間をとることができたんです」
 有給休暇を使って、京都の骨董市にも出向いた。
「いかにも着物という生地はあまりピンとこなくて、和洋こだわらず、気に入った柄を集めました」
 2004年に退職。『sova*』という名で制作活動を本格化させる。派遣などで短時間の仕事をしながら展示会やイベントなどで作品を発表していった。

形を変え、暮らしに息づく
 ある時、『本を出さないか』という話が舞い込む。作品を買った人からのつながりだった。
「知り合った方が偶然…とか、ご縁でつながって 良い機会を頂きました」
 本が出版されたことで活動の場が広がった。
出版記念にワークショップを開催し、以後定期的に行うこととなる。テレビ出演もした。本は台湾語版と英語版でも発行され、今年5月には香港でワークショップを行った。
「手芸はしないけど日本に興味があるから、と いう人も多かったです」
 建築・設計に関わった経験が、講師として人に『形の作り方』を伝えるのに役立っているのかもしれない。
「ワークショップは勉強になります。参加者の方の意見は、作品づくりにも参考になるし、作品は人に使われて初めて完成だと思うので」

 この生地で作って欲しいと頼まれることもある。母親の形見の着物を3人の姉妹で分けて持ちたいという注文もあった。
「3つのバッグにしてお渡ししたら、とても喜んでくださいました」
 着物は新しい命を吹き込まれ、姉妹の生活の中に息づいていくのだろう。

屋号である『sova*』は、チェコ語でフクロウの意味。以前からフクロウが好きだったことと、読み方が気に入ったから。
「『そば』って、身近っていう意味でもありますから」
 一度は眠りかけた布たちが、新しい持ち主の元でたくさん愛されるよう願いを込め、作品作りに励むイシカワさん。今後はいろいろな布に目を向けていきたいと意欲的に語った。


イシカワカオル 11月のワークショップ

小物ケース作品例
[作品例]

「小物ケース作り」 11月9日(水)10:30〜13:00
参加費/3,000円 (材料費、講習費込、税込)
場 所 /「つたえるばしょ ひらや」 相模原市内
申込み・問合せ/papier@tea.memail.jp(ひらや)


miniがま口 作品例
[作品例]

「miniがま口作り」 11月17日(木)13:30〜16:00
参加費/3,500円 (材料費、講習費込、税込)
場 所 /代々木上原 hakoギャラリー
申込み・問合せ/mail@sovasova.com(イシカワ)


カードケース 作品例
[作品例]

「カードケース作り」 11月30日(水)18:30〜20:30
参加費/3.675円 (材料費、講習費込、税込)
場 所 /西武渋谷店 A館7F サンイデー
申込み・問合せ/03(3462)3324(サンイデー)


ほうむたうん スペシャルワークショップ

「折る」「貼る」だけで作れるカードケース作りと、アクセ入れにも使えるミニがま口作りのワークショップです。
お電話でご予約ください。
■ 日 時/12月1日(木)@10:00〜12:00、A13:30〜16:00
■ 場 所/ソレイユさがみ セミナールーム6
       [相模原市緑区橋本6-2-1 イオン橋本6F]
■ 参加費/3,500円(材料費、講習費込、税込)
■ 定 員/10名前後 要予約・先着順
■ 持ち物/@筆記用具、定規、(あれば)目打ち、ヘラ、布切りバサミ
     A裁縫道具、糸切りバサミ、(あれば)目打ち、布切りバサミ
■ 申込み・問合せ/042-707-7550(ほうむたうん)

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ