発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  NPO法人らいぶらいぶ 代表理事 鈴木節子
この街・あの人・どんな顔       NPO法人らいぶらいぶ 代表理事 鈴木節子 2011/10/05掲載

「この街・あの人・どんな顔」

NPO法人らいぶらいぶ 代表理事
 鈴木節子

すずき せつこ1960. 8.10生 長崎県出身 相模原市在住

HP http://live-lib.jp/

「図書館は人と人が向き合う場所。市民みんなのものであり、守って行かなければならない場所でもあると思うんです」

ブックチャンスの活動風景
『ブックチャンス』は市との恊働事業

ブックチャンス冊子
配付されるメモリーノート

料理教室
絵本の中の料理を作る会

こどもセンターでのおはなし会
こどもセンターでのおはなし会



 

相模原市には分館を含め4つの図書館があり、うち2つの図書館は窓口業務等を現在民間に委託している。「NPO法人らいぶらいぶ」 が相模大野図書館の業務を請け負って4年。本の楽しさを伝えたい、地域に根ざし愛される図書館であってほしい、その想いで活動を続けてきた。


本との出会い『ブックチャンス』
 南保健センターでの乳児4ヵ月健診の日、大きなバッグに絵本を詰め込んだ人たちが現れる。NPO法人らいぶらいぶのスタッフとボランティアの人たちだ。親子1組に1人がつき、赤ちゃんに絵本を見せたり、他愛のない世間話をしたりする。
「4ヵ月の赤ちゃんが絵本に反応する姿を意外に思うお母さんもいます」
 同法人の代表理事を務める鈴木節子さんは言う。子育てが孤独にならないよう、いい本と出会ってゆとりが生まれるよう、母親の肩にそっと手を添えるような活動だ。

NPO法人を設立
 NPO法人らいぶらいぶは、2006年5月に認証を受け、設立された。始まりは『オーバー40の会』と名乗る4人の司書たち。相模原市の図書館で働く利用相談員だった。
「図書館は行革の一環として業務委託されることになっていました。私たちは図書館をもっと良くしたい、自分たちが納得できる働き方をしたいと。意見交換をする機会を持ち、その中からNPOという選択肢が出ました」
 当初は「NPOって何?」という状態であったが、橋本図書館のビジネス支援を始め、周囲の手助けを借りて設立にこぎつけた。さらに、委託事業者の募集に手を挙げるには、県に事業者として認められ、実績を作らなければならない。その土俵にNPO法人が参入することは県としても前例のないことであり、手続きは煩雑であった。
 委託業者の選定会では、他社がパソコンを駆使した説明を行う中、手づくりの大きな絵本で自分たちの想いを表現した。できることをひとつひとつ積み重ね、晴れて相模大野図書館の業務委託を請け負うこととなった。

本の楽しさを伝えたい
  図書館業務の委託契約は3年間。昨年再受託した。
「図書館が、単に本の貸し借りではなく、地域のコミュニティの場でもあって欲しいと考えています」
 図書館の魅力を伝えようと、図書館活用講座をスタートさせた。郷土の歴史や、家事支援、法律相談などさまざまなテーマで講演を行い、併せて関連図書を紹介するものだ。
 その一方、図書館業務とは別に読書推進のための活動も行っている。前出の『ブックチャンス』のほか、絵本の中の料理を作る会、こどもセンターでのおはなし会、FMさがみで本を紹介する番組『ブックらいぶ』の放送などだ。これらはみな非営利活動である。
「活動に必要な経費は、NPO法人の会費と助成金でまかなっています。そして、ボランティアさんたちに支えられています」
 鈴木さん自身、特に学生時代から本に関わる活動をしたわけではない。その根底にあるのは幼い頃妹と並んで母に本を読んでもらった幸せな記憶だ。
「家庭だけじゃなく、学校や地域など本と出会うチャンスはいつでも何度でも訪れます。できるだけ多くの選択肢からいい本を選ばせてあげることが大切。いい本には力がありますから」
 好きな本が読める。当たり前のようで実は恵まれたことなのだと、あらためて気づかされた。


藤沢周平の世界 〜知るよろこび 聴く楽しみ〜

藤沢周平と親交の深かった和田あき子さん(藤沢周平と大泉の会代表)の話と市内で活躍中の小栗久江さんの語りで、たっぷり藤沢周平の世界を楽しみます。
日 時 2011年10月31日 (月) 10時〜12時
場 所 ラウンジComfort
    小田急線「相模大野駅」徒歩5分 グリーンホール相模大野3階
参加費 800円 (ワンドリンク付)
定 員 60名
申し込み はがき、Eメール、FAXのいずれかで、参加代表者の氏名、住所、電話番号、申し込み人数を明記の上、問い合わせ先まで
問い合わせ先TEL. 042-741-7130 FAX. 042-741-7196
E-mail info@live-lib.jp
〒252-0303 相模原市南区相模大野3-15-16 NKビル602
NPO法人らいぶらいぶ「藤沢周平」係

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ