発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  スーパーレスキュー はやぶさ
この街・あの人・どんな顔       スーパーレスキュー はやぶさ 2011/09/05掲載

「この街・あの人・どんな顔」

相模原市消防局 特別高度救助隊
スーパーレスキュー はやぶさ

配置先/相模原消防署本署(相模原市中央区中央2-2-15)
tel.042-751-0119

特別高度救助隊…1995年阪神淡路大震災の経験から、東京都が「消防救助機動部隊(通称ハイパーレスキュー)」を設置。その後、新潟県中越沖地震、JR福知山線脱線事故などの教訓から、2006年4月 全国の政令市に特別高度救助隊の設置が義務づけられた。

訓練風景
救助訓練の様子

救助活動
東日本大震災での救助活動



 

今年3月25日、相模原市に「特別高度救助隊」が発隊した。総勢18名の精鋭たちが、大規模災害や特殊災害に備えて日々研鑽している。愛称の「はやぶさ」には、多くの困難を乗り越え帰還した「小惑星探査機はやぶさ」に因み、危険な任務を全うし、一人でも多くの人を助け、必ず戻ること、そして鳥の隼(はやぶさ)のように迅速に活動することなどの意味がこめられている。


オレンジを着る使命と誇り
 特別高度救助隊とは、人命救助に関する専門的かつ高度な教育を受けた隊員で編成され、特殊な救助資機材を持ち、大規模災害や特殊災害の発生時に迅速かつ的確に救助活動を行う部隊である。
 相模原市の特別高度救助隊は6名×3部隊で編成されており、交代で24時間勤務にあたっている。取材に伺ったこの日、勤務していた第3部隊の皆さんにお話をお聞きした。
「特別高度救助隊は、まず持っている資機材がちがうんです。例えば災害で生き埋めになってしまった人を探すための特別な機材、電磁波探査装置や二酸化炭素探査装置とか。それらを使いこなすための訓練をします」(小林隊長)
 消防の仕事は基本的に消火、防災、救命を主とする。その中においても、オレンジ色の活動服を着る彼らは、最も危険な現場に真っ先に駆けつける役割を担う。どんな状況においても冷静に判断し、迅速な救助活動をするためにも、日頃の訓練がものを言う。
「それと信頼関係。災害の現場で、信頼関係がないと命を預けられないですから」(小林隊長)

災害現場の、最も前へ
 発隊前の3月11日、東日本大震災が発生。要請に応じて相模原署からも高度救助隊(当時)が出動した。
「宮城まで23時間かかりました。情報も少なく、早く助けたいって思っても余震で救助活動が中断されたり…」
 そう語る隊員の山田さんは救急救命士の資格を持つ。宮城で5日間活動し、津波の映像は戻ってから初めて見たのだそうだ。
 同じく隊員の高須さんと小宮さんは国際救助隊に登録している。海外での大規模災害発生時には日本の代表として救助に向かう。
「消防士って定年するまで訓練と勉強の仕事なんです」(高須さん)
「災害時、自分たちじゃなければ行けない現場もある。その使命感で仕事をしているんだと思います」(小宮さん)
 また、平田さんは機関員として車両の運転を担う。確実かつ迅速に現場に向かう重要な役割だ。
「運転時にサイレンが聞こえたら、慌てずに左に寄せてください。その際、できれば停車してもらえるとありがたい。徐行だけだと、信号で詰まっちゃうことがあるんです」(平田さん)

市民の安全を支える
  火災や事故でも「はやぶさ」ならではの任務がある。事故車にはさまれた人を救助したり、高いビルの上や崖の下などでの救助だ。幸いなことに、現在まで市内では大規模な災害は発生してない。しかし、大きな災害はいつ訪れるかわからない。
「皆さん、さまざまな備えをしていると思いますが、備えのある場で災害に遭うとは限らない。もちろん備えは大切ですが、それらがなかったらどうしようということも一度考えてみて欲しい。イメージをもつだけでも、いざという時に素早く行動できます」(小林隊長)
 愛称の「はやぶさ」は、公募により市民に名付けられた。縁の下で私たちの安全な暮らしを支えてくれる、相模原市の誇りのひとつだ。

隊員の集合写真

発隊時の集合写真

第3部隊の写真

第3部隊の皆さん。左から、小林隊長、高須さん、山田さん、平田さん、小宮さん。この日、他の部隊に応援に行っていた小林さんを含め、6名からなる。

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ