発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  アルケミスト
この街・あの人・どんな顔       アルケミスト 2010/12/05掲載

「この街・あの人・どんな顔」

12月15日に6枚目のアルバム「くちづけ」をリリース 
アルケミスト

こんや しょうたろう(ボーカル・左)
  1976. 8.24生 宮崎県出身 新宿区在住
井尻 慶太 いじり けいた (ピアノ・右)
  1976. 8.12生 横浜市出身・在住
http://www.voicerecords.net/alchemist/


「曲作りって、全部自分の思い通りになったら面白くない。お互いのズレがあって、それが自分を広げるきっかけにもなる」

アルケミスト ライブ
撮影協力/三井アウトレットパーク 多摩南大沢


アルケミスト 最新アルバム「くちづけ」

NEW ALBUM
「くちづけ」
2010年12月15日発売
全13曲 2,800円
全国CDショップ、またはHPで通信販売

「これまで続けてきたからこそ出来た。そういう充実感とか達成感を、このアルバムでは特に感じています(井尻)」
「もうぴかイチです(こんや)」

 

大学在学中に活動を始めてから13年。こんやしょうたろうさんが歌い、井尻慶太さんがピアノを弾く「アルケミスト」が、今月6枚目のアルバム「くちづけ」をリリースする。これまでの集大成であり、新しい段階に向かうひとつの区切りでもある、想いのこもった1枚だ。


それぞれの思いで 同じ大学へ
こんやしょうたろうさんは宮崎市出身。
幼い頃から音楽に親しんで育った。歌ではいつも自分より兄が注目を集めたが、その兄に歌がうまいと言われたことが自信につながった。
「子どもの時から目立つのが好きだったし、作詞家になりたかった。自分で作って自分で歌えたらいいなって思うようになって(こんや)」
東京に行く理由は『ミュージシャンになるため』よりも『大学に行くため』の方が親を説得させられる。そう考えて町田市の玉川大学を受験。芸術学部の中でも、主に表現することを学ぶ学科を専攻した。

一方、井尻慶太さんは横浜市出身。
中学生の時からピアノを弾き始め、将来は教職につきたいと考えていた。芸術を学びながら教員免許をとれるところ、それが玉川大学だったと言う。
同じ芸術学部の中でも、理論的に芸術を学ぶ学科を専攻、音楽に関わる授業は例外的に受講できるよう便宜をはかってもらった。

時折、同じ授業を受けた。
「彼は社交的でファッションも奇抜(笑)。僕は地味で内向的。接点はほとんどなかった(井尻)」
そんなふたりが、初めて音を合わせたのは大学2年生の秋のことだった。

「なんかいいね」「歌うまいね」
  学園祭の準備をしながら、ふとしたきっかけで井尻さんがピアノを弾き、こんやさんが歌った。
「あれ、なんかいいね」
「歌、うまいね」
翌日の学園祭で歌い、好評を得た。アルケミストの初めの一歩。13年前のことだ。
在学中にさまざまな場で歌う機会に恵まれ、卒業後は事務所に所属することが決まった。
「卒業式当日に青山でライブ。順風満帆のスタートでした(井尻)」
するすると順調に進む状況に、やがて疑問符が現れる。
「流されるままのダメな若者だった。何か変わらないだめなんじゃないかと思ったんです(こんや)」
プロになって2年。初めてふたりでとことん話し合った。
「1位をとるとかじゃなく、ずっと音楽を続けていきたい。そんなことを話し合いました(こんや)」
事務所を移籍することが決まり、ふたりは新しいスタートを踏み出した。

 3つのお題から歌を紡ぐ
  通常のライブ活動と同時に、三井アウトレットパーク多摩南大沢をはじめとする商業施設でのフリーライブも定期的に行っている。幅広い年齢層の人に触れ合える貴重な場だ。
「お母さんと一緒に来ていた小さな子が『あれ、もう小学生?』とか、親戚の子みたいで楽しくて(井尻)」
ライブの途中、こんやさんが大きなかけ声をかける。
「アルケミストの即興タイム〜!」
3人の観客からそれぞれ『お題』をもらい、それを歌にする。

これが注目され、昨年はテレビで披露した。その時のお題は『桐ダンス』『乾電池』『ペペロンチーノ』。
瞬く間に、井尻さんがピアノを弾き、こんやさんが歌い出す。

ねえ、お母さん。
桐ダンスの香り付きの服は なかなか匂いが取れないみたいです。(略)
東京に来て僕の心の乾電池ももうすぐカラになる。
ああ、ペペロンチーノみたいなオシャレな食べ物より煮物が食べたい。(略)

バラバラだった言葉がひとつのストーリーになる。
舞台でのふたりは明るい。快活に話すこんやさんと、大きな受け皿のような井尻さんのバランスがとても良い。アルケミストの曲を語る言葉をひとつ選ぶのなら、こうだ。
『とにかく聴いてみて』

アルケミスト ライブスケジュール

ワンマンライブ 渋谷O-East
12月5日17:00開場 17:30開演 当日4,500円(全席自由)
問い合わせ/03-5458-4681(O-East)

三井アウトレットパーク多摩南大沢
12月 8日(水)1.14:00〜  2.16:00〜
12月25日(土)1.13:00〜  2.15:00〜 3.17:00〜
観覧無料

グランベリーモール
[東急田園都市線「南町田駅」前]
12月18日(土) 1.14:00〜  2.16:00〜
観覧無料


 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ