発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  高橋 和也
この街・あの人・どんな顔       高橋 和也 2010/06/05掲載

「この街・あの人・どんな顔」

「踊るマジシャンミスターTK」として活動中  高橋 和也
たかはしかずや 1978. 4. 9 生 相模原市出身・在住
ブログ http://ameblo.jp/takahashi-kazuya-mrtk/
連絡先 090-2254-2195


7月の上溝夏祭りでマジックショーに出演予定

「運動でも、勉強でも、挨拶がよくできるとか、何でも、ひとつでもいい。自信をもつ大切さを伝えたい」
 

子どもや高齢者の施設、企業の集まり、結婚式などでマジックを披露する高橋和也さん。営業活動の一環として始め、口コミや紹介で評判が広がった。楽しいトークとダンスを交え、会場をあたたかい笑いで満たしている。


マジシャンと営業マン
  「マジックを始める前に、聞いてくださーい」
 ミスターTKこと高橋和也さんがスケッチブックを掲げて声をあげる。
「言ってはいけないこと。『見えた〜』『わかったぁ』『それ、知ってる〜』」
 会場が笑い声に包まれ、視線が集まる。今日の観客は未就学児とその母親。子育てサロンでのマジックショーだ。
「観客は年齢も職業もさまざま。500人の前でやることもあります」
 マジックはボランティアでやっている。本業は生命保険の営業マンだ。
「もともとお客様に喜んでもらいたくて始めたんです」

どうすれば喜ばれるか
  サッカー少年だった高橋さん。高校では通学が遠くて部活ができず、何かやりたいと、ヒップホップダンスを始めた。すぐに面白くなり、チームを作って新宿や渋谷で路上パフォーマンスをするようになる。
「道ゆく人の足を止めるため、簡単なマジックをやり始めたんです」
 ダンスに夢中になりながらも、挫折感も味わった。
「背が高いとか、自分では変えられない部分で評価される。仲間はデビューが決まり、人間関係にも疲れ、あの頃が一番辛く、胃潰瘍にもなりました」
 大学卒業の時期でもあり、「ダンス以外のことにも何か自信をつけたい」と営業マンになった。
「最初の1年はダメでした。何かしなきゃ、と考えてお客様の前でマジックをやったら、売上が伸び始めて…」
 2年半前、ヘッドハンティングされ転職。そこでも優秀な成績を上げた。
「どうやったら、心を開いて喜んでもらえるか…。そういうのを考えるのが好きなんだと思います」
 高齢者施設では、ショーは短かめに切り上げ、ひとりひとりに近づいて手元でマジックをしながら聞き役に回る。
そこでの目的はマジックで驚かすことではなく、『ふれあい』だ。
 時には観客にタネ明かしを求められ、あっさりと教えてしまうこともある。
「でも子どもたちには教えません。夢を壊したくないから」
 シカケだけじゃ人を喜ばせられないのだと、子どもたちに伝えたいと話す。
「表現しなければできないんです。どんなシカケがあっても」
 マジックも営業も根底にあるのは同じ。『人を喜ばせて役に立ちたい』という思いだ。
「いつか昔のダンス仲間とチームでショーをやりたい。それから家族でマジックの巡業とか(笑)」
 2歳と5歳の男の子と妻の4人暮らし。
「子育ては妻に任せきり。でも頑張っている姿を見ていてほしい」
 安心と笑顔を届けに、今日も高橋さんは飛び回っている。

マジックショーの様子
上溝の『こそだてひだまり』でのマジックショー。観客が参加することで、一体感が生まれ、場が盛り上がる。

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ