発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  田中 皓
この街・あの人・どんな顔       田中 皓 2009/6/05掲載

子どもたちの「なぜ?」を引き出し、一緒に考える「理科で遊ぼう会」代表
      田 中 皓

たなか きよし 1941. 5. 7生 東京都出身 相模原市在住

「さまざまなことに疑問を持ち、『ああ、そういうことか!』とヒザを打つ瞬間の楽しさを、子どもたちと味わっていきたい」


↑手作りモーター


↑手作りベル


↑今年2月の特別授業の様子

 

私たちの生活の中には、ともすると見過ごしがちだが本当は面白いことが沢山ある。それらを「おや?」「なぜ?」と興味深く見て何かを発見する面白さを、もっと子どもたちに知って欲しいと、田中 皓さんは、そのきっかけづくりに取り組み始めている。


動く仕組みを知る
   今年2月、田中皓さんを代表とする『理科で遊ぼう会』は、相模原市立大野台小学校の6年生たちに理科の特別授業を行った。電池、エナメル線、磁石などを使ってモーターを回し、仕組みを知る実験だ。
「まず、扇風機を見せます。『みんな、モーターって知っているかい? モーターは電気的なエネルギーを使って回転を起こしているんだよ』と話しかけます。これで何かを学ぶというよりは、いつもは隠れたところにあるモーターを知り、モノが動く仕組みを知って、ほかにどんなところで活かされているのか、考えるきっかけになればいいと思うんです」
 動いて当たり前、ではなくて、「なぜ動くんだろう?」と興味を持つ。その「なぜ?」を子どもたちから引き出したい。そんな思いから、田中さんは昨年秋、『理科で遊ぼう会』を立ち上げた。

もっと理科に興味を
 きっかけは、大学で教鞭をとっていた現役時代のことだ。
「理系のクラスで、『小学校の時、モーターを回したりベルを鳴らす実験をやった人』と聞いてみると、手が上がるのは1割程度なんです」
 意外に思った田中さんは次第に小中学校の先生たちの多忙ぶりを知る。
「先生たちは、やらなければならないことをたくさん抱え、気の毒なくらい忙しい。
本当はもっと子どもたちと向き合いたいと思う方も多いでしょう」
 何か力になれないか、田中さんの思いは膨らんでいった。

理科の面白さ、伝えたい
  大平洋戦争開戦の7ヵ月前、東京都心で田中さんは生まれた。小学校の高学年になるころには、街は活気づき、モノが豊かになり始めていた。
「今と違って小さな電器店が並ぶ秋葉原に通って、少ない小遣いで中古部品や細かい部品をちょっとずつ買い、電車の模型なんかを作りました。店のおじさんが、コイルの巻き方などを教えてくれたりしてね(笑)」
 大学院修士課程を修了後、北海道大学に新設された化学第2学科で助手となった。途中数年間、東京の電気通信大学に勤めた期間を除いて、4年前に定年退職するまで北海道に暮らした。
「相模原には、土地勘も知己もない。どうしようかと考え、『笑コロネット(シニアの生きがいや仲間作りを目的とした市内の団体)』に参加してみました」
 そこで自分のやりたいことを話し、仲間づくりから始めた。
 まずはやれることをやってみようと同じマンションの小学生に声をかけ、電磁石で動くベルの実験を行った。実験は成功したが、材料費がかさむ。廃品や身近なものを用いて試行錯誤し、材料費を大幅に減らすことができた。やがて仲間に入っていた大野台小学校の先生から特別授業の提案を受ける。
「興味を持たない子どもをどう引き寄せるかが心配でした。でもいざやってみたら、そんな心配はいらなかった」
 3時限の特別授業に、子どもたちの興味はとぎれなかった。感想文には子どもたちの新鮮な驚きや感動が素直に綴られ、次への励みとなった。
「私たちがやることは理科と工作の中間くらい。これ面白いって思ってもらうことが第一の狙いです」
 今年、相模原市協働事業に来年度に向けた提案をした。神奈川県科学技術アカデミーにも登録。今後、小学校などから要望があれば出向いて出前授業をし、公民館やこどもセンターなど公的機関や地域の集会室などで理科の寺子屋をやっていきたいと考える。
「そうなると責任も重くなって、単なる楽しい市民活動じゃなくなります」
 そう言いながら、ワクワクとはやる気持ちが見えかくれする。子どもたちに負けないくらい目を輝かせて、新しい発見を探しているのだろう。

「理科で遊ぼう会」 http://rikaterakoya.web.fc2.com/
今後の予定 [ ]内は、対象と定員
7月11日9:30〜11:30 上溝公民館  糸電話&飛行機工作と遊び[小学生]
7月25日9:30〜20:00 星が丘公民館  飛行機工作と遊び[小学生 25名]
7月27、28日10:00〜11:00 横山こどもセンター  糸電話工作と遊び[小学生低学年、各日20名]
7月31日 10:00〜12:00 富士見こどもセンター  飛行機工作と遊び[小中学生、20名]
8月3、4日10:00〜12:00 横山こどもセンター  飛行機工作と遊び[小中学生、各日20名]
※このほかの予定はHPに掲載しています。

[募 集]
一緒に活動してくれる方、募集しています。年齢性別不問(シニア歓迎)
1. 子どもたちと一緒に遊ぶ 2. 廉価な教材を作る…お得意なことにご参加ください。
年会費/2,000円
連絡先/ky_tanaka@jcom.home.ne.jp(田中)

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ