発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  井上 みな
この街・あの人・どんな顔       井上 みな 2009/4/05掲載

2009年3月、“S.C.D.C.in金沢2009”で 最優秀賞を受賞
     舞踊家 井上 みな

いのうえ みな 1984. 5.28生 相模原市出身・在住

プロフィール
■ 4歳より、伊藤淳子・武藤結花に師事
■ 1995年より、東京新聞全国舞踊コンクール、埼玉全国舞踊コンクールなどに出場し、第一位文部大臣賞、橘秋子賞、県知事賞、新聞社賞などを受賞、前田哲彦メモリアルアーツほかに出演
■ 2007年3月 日本女子体育大学 卒業
■ 以後、選抜新人舞踊公演や、新国立劇場で行われた公演などに多数出演

「寄り道はたくさんしてます。いろんなダンスを踊りたい。でもいつもここに戻ります」

モダンバレエ・モダンダンス 
伊藤淳子・武藤結花舞踊研究所

ひとつのことを継続して学び、全力で取り組むことで育まれる豊かな「人間性」を、モダンダンス・モダンバレエを通じて、育てたいと考える。 教室は、高尾(JR中央線「高尾駅」北口)と橋本(JR「橋本駅」北口徒歩10分)。 幼児から成人まで、各クラスあり。

伊藤淳子
1954年 八王子市に研究所を創立、その後,立川市,相模原市にも開設。国内外の大きな舞台で数多く公演。1973年、2007年八王子市文化功労表彰。

問い合わせ 042-635-2033(伊藤)
http://www.webspica.com/itoubuyou/

 

今年3月金沢市で行われた、日本舞踊連合会主催の舞踊コンクール「S.C.D.C.in金沢2009」で、『escape 〜終わらない夜〜』が最優秀賞にあたる中村祐子賞を受賞した。創作・演出をし、自らも踊り手として出演した井上みなさんにお話を伺った。


個性が際立つ作品を
  『eccape(エスケープ) 〜終わらない夜〜』は、牢獄を脱走する囚人たちの物語り。
「逃げられる人も、逃げられない人もいて、それぞれの希望や葛藤、焦り、疲労、夢などを表現しました」
 踊り手は自身も入れて8人。13歳から26歳の女性たちだ。
「曲のメリハリで心情を表現し、踊り手それぞれの個性も際立たせるように考えました。年齢差や個々の技術の差が、良い方向に出せるように。ちょっと苦労しましたけど…(笑)」
 コンクールの歴史はまだ浅いが、踊り手の技術が審査基準になるものが多い中、振り付け・構成など作品そのものが評価される数少ないコンクールだ。

家族と、師に支えられ
 4歳から、『伊藤淳子・武藤結花舞踊研究所』でモダンバレエに通い始めた井上さん。5歳からコンクールなどに出場し始め、数々の賞を受賞してきた。
「始めた当時のことは、幼すぎて覚えてません。たまたまレッスンを見学した母が、淳子先生の指導方法に共感し、入所したと聞いています」
 気がついたら、生活の一部、稽古が当たり前になっていたと言う。多い時はレッスンが週5日。母の送迎で通い、友だちと遊ぶ時間もなかった。行きたくないと思ったことは?と訪ねると
「ありました。先生厳しいから(笑)。うまく出来なくてまた叱られるな、と思う時。と言ってレッスンに行かないと叱られる。それなら行こう、って」
 レッスンが始まれば楽しさが勝る。根っからのダンス好きではあるが、好きなだけでは続けて来られなかった。
「両親に感謝してます。すべての面でサポートしてくれた。もちろん、先生にも。師であり、親であり、絶対的な信頼。こういう関係って、普通の暮らしだったらなかったと思う」
 伊藤氏には踊りのことだけではなく、生活面に関してもしつけられた。
「挨拶や礼儀はもちろん、誰かが重い荷物を持っていたら手伝うとか、そういうことも厳しく言われました」
 たとえ厳しい言葉で叱られても、そこに自分を思ってくれているのだと感じられる、真正面から向かい合った師弟関係が、井上さんのこれまでを支え続けてきた。

次のステップへ
 作品づくりに本格的に取り組み始めたのは大学の舞踊学部に入学してから。昨年作った作品は、小4の踊り手が演じ、チャコット賞を受賞した。
「誰が見ても、わかりやすい作品を作りたいんです。タイトルとダンスがちゃんとつながっているような。なおかつ誰も考えないようなことをしたい」
 アイデアは「ボーッとしている時にポンと浮かぶ」のだとか。
「いつか自分のスタジオを持って小さい子たちに教えたりしたい。でもまだまだ自分自身が踊っていたい。海外にも行きたいし、いろんなものを観たいと思ってます」
 もしダンスをやっていなかったら、夢を問われても、わからないと答えたかもしれないと話す。
「何が一番好きかと言われたら、踊ることだといつでも言えます。もちろん、やってみたいことはたくさんありますが(笑)」
 10年後、20年後、どんな女性に成長しているのか…未知の可能性を秘めてはばたく姿が、楽しみである。

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ