発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  菊地原 恒市
この街・あの人・どんな顔       菊地原 恒市 2009/2/05掲載

森林ミュージアム推進委員会 書記
      菊地原 恒市

きくちはら こういち 1957. 3.15生 相模原市出身・在住

「周囲の地域とのつながりの中で相模原がある。そのつながりを知ることも大切」


韮尾根の風景


木についたまま熟した実は甘くてみずみずしい。


8月の収穫。子どもたちも夢中になって摘む。


草取りは4〜7月にかけて。無農薬ゆえの重労働だが、安心はそれに勝る。

 

休耕地、高齢化、過疎化、後継者不足―。山間部の地域が抱える問題は複雑にからみ合い、一朝一夕には解決し難い。「このままじゃいけない」。その想いを同じくする地域の人たちと共に、菊地原恒市さんは仕事の合間を縫い、試行錯誤を続ける。


自然に囲まれた里山 ニローネ
   “ニローネ”。まるでどこか外国のような響きを持つその地は、相模原市の西部に位置する津久井町長竹にある。漢字で書くと “韮尾根” 。田畑があり、宮ヶ瀬湖にほど近い。
 菊地原恒市さんは、この地で生まれ育った。結婚を機に市内の市街地に転居し、13年前から再び韮尾根で暮らす。
「それまでも実家へは頻繁に行き来していたし、農業も手伝っていました。だけど、いざ暮らすとなって、このままじゃだめだな、と感じ始めて…」
 のどかで緑豊かな風景は昔から変わらない。だが、若い人は少なくなり、店舗も、バスの運行も減った。それに加え、農地の担い手が減り、荒廃農地が増えてきている。そんな折、地域活性化を目的とした “森林ミュージアム推進委員会” が立ち上がる。志を同じくする人々50名が集まった。そこに暮らす人たちの手で地域活性化を担おうというものだ。
「宮ヶ瀬湖を訪れる観光客は、年間約200万人です。そのうちの少しでもこちらに目を向け、立ち寄って欲しい」
 そのしかけのひとつとして、特産品を作り出したいと考えている。

地域を知り、地域に根付く
 昔、養蚕農家だった実家の桑畑は、長らく休耕地になっていた。東京農工大津久井農場の教授からの助言を受け、周辺の農家と共に、無農薬・低農薬でブルーベリーを作り始める。
「津久井在来大豆と併せて、特産品になってくれれば、と試行錯誤中です」
 雑草取りや収穫には人手がかかる。菊地原さんは、そこに都市部の人たちにもサポーターとして参加してもらい、生産の大変さと収穫の喜びを味わってもらっている。
 菊地原さんの本業は公務員、相模原市の職員だ。2年前まで観光課に在籍。周辺4町と広域観光振興協議会を設立し 、『相模原・津久井広域観光マップ』を作った。平成19年に発行された、『るるぶ相模原市』も、菊地原さんの働きかけによるもの。地域の情報をくまなく集め、JTBと協働して取り組んだ。
「我々は情報はあっても、その加工ははっきり言ってヘタです(笑)。そこはプロの手に任せて。多くの人に新相模原市を知ってもらえれば…、関わる人みんなにメリットがあればいい」
 現在は市民協働推進課に籍を置く。
「行政の仕事をする人間は地域に関わり、地域に何が欲しいのか、何が足りないのか、自分自身が実感して動かなければ」
 毎年開催される “都市と里の交流(ニローネ里山交流会)”では地元住民、農工大教職員、学生、都内のNPOなど600名近くが参加する。協働事業提案制度が始まり、山梨県にある農業生産法人との連携による荒廃農地対策、ニートの自立支援のNPO法人との連携による若者の農業参入支援などが動き始めた。森林ミュージアム推進委員会の活動は、地域に根付き、地域を超えて広がっていく。


■ブルーベリー生産への参加は…
1〜5名程度のグループにつき、年会費3,000円。
1名×半日×4回の作業(4名なら半日を1回)で、ブルーベリー2kgを収穫期に差し上げます。10グループ程度を募集。
問い合わせは Eメールで。
bxk05103@nifty.com(菊地原さん)

■ニローネ里山交流会
11月に開催。相模原市観光協会HPで告知予定
http://www.e-sagamihara.com/


 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ