発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  アキノ ヨーコ
この街・あの人・どんな顔       アキノ ヨーコ 2008/07/05掲載

吹きガラスで うつわを作る
ガラス作家  アキノ ヨーコ

あきの よーこ 1973. 9.10生 東京都出身 相模原市在住
プロフィール
■ 1996年 多摩美術大学美術学部 クラフトデザイン学科立体デザイン専攻 クラフトデザイン専修ガラスコース卒業
■ 1996年 斉藤恵子ガラス工房(沼津)アシスタント
■ 1997年 SUWAガラスの里(諏訪)工房スタッフ
■ 1997年 高橋禎彦ガラス工房(津久井)アシスタント
■ 2002年 Aterier Akino(アトリエアキノ・津久井)設立
■ 2006年 ガラス溶解炉を築炉

「使いやすくて好き、と言われる時がうれしいかな。うつわって使うためのものだから」
 

ガラスのうつわは、扱いが難しいものが多い。つい食器棚に眠らせてしまうことも しばしばである。が、アキノヨーコさんの作品は違う。手の中にコロンとなつき、『今日は何を入れる?』と語りかけてくるのだ。


生活の中で活きるうつわ
 熱く溶かしたガラスを吹き竿に巻き付け、息を吹き込んで作る吹きガラスは、金型で成形するガラスと違って溶けた時の質感をその表情に残す。流れるようなまろやかな感触が手になじみ、あたたかみさえ感じてしまう。
「うつわは、中に何か入って完成だと思うんです。盛り付けるイメージをかきたてられたり、料理が映えて見えるのが、いいうつわだと思う」
 何か飲む時や、料理を盛り付ける時つい手にとってしまう。
アキノさんの作品はそんな使いやすさと、使う喜びを合わせ持っている。

もっとやってみたい
 多摩美術大学在学時、アキノさんは素材としてのガラスに出会った。
「溶かしたり切ったり…なんだこれは?と思いました。全然やり足りない気持ち、もっとやってみたいなあ、と」
 卒業後、ガラス作家のアシスタント、工房スタッフを経て、ガラス界の第一人者である高橋禎彦氏に師事。2002年に独立、『アトリエ アキノ』を設立した。

自然に囲まれて
 周囲を緑に囲まれたアトリエで、アキノさんは吹きガラスのすべての工程をひとりで行う。「自分のペースでいたいから」、基本的にアシスタントは使わない。その仕事ぶりは繊細な作品からは想像もつかない重労働だ。
「まるでスポーツ、体力勝負です(笑)」
 作品が思うように出来ず、ふさぎ込んだ気持ちになることもあるが、「それはそれで当たり前のこと」。出来上がったものは、その上に積み重なったものなんだと言う。
「ガラスって不思議な素材。未だに思い通りにならないことも、新しく気づくこともある。だから面白く続けているんだと思います」
 山からの風が通り抜けていくアトリエで、今日もアキノさんはガラスに新しいいのちを吹き込んでいる。

ガラスのうつわ
写真はすべてアキノさんの作品。アルミニウムの箔を貼ったもの、レース模様を入れたもの、細かいヒビを入れたものなど主張し過ぎない味わいがある。

2008年の作品展
■7月4日(金)〜20日(日)ギャラリー唯「グループ展」
 京都市左京区岡崎円勝寺91 tel. 075-752-0348
■ 7月9日(水)〜12日(土)Space M Selection「2人展」
 伊東市冷川936 tel. 090−3154−5118(花島)

作品を常設しているショップ・ギャラリー
■ うつわ楓(かえで)
 東京都港区南青山3-5-5 tel.03-3402-8110 http://utsuwa-kaede.com/
■ アイ・スタイラーズ 南青山本店
 東京都港区南青山4-23-10 tel.03-5464-0511 http://www.i-stylers.jp/
■ Atelier Kika CAFE GRASS
 神奈川県鎌倉市二階堂91 tel. 0467-24-7025 http://www.silverspace.net/ak.html

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ