発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  波立 紀夫
この街・あの人・どんな顔       波立 紀夫 2008/04/05掲載

サッカー選手、コーチ、アナウンサーとして活躍
  波立 紀夫

はりゅう のりお 1972. 1.14生
相模原市出身・在住
ブログ http://ameblo.jp/nami-nori/
Eメール haryuu@nyc.odn.ne.jp
[関連サイト]
■ さがみ大沢FC
  http://homepage3.nifty.com/ohsawa-fc/
■ フットサルポイント
 http://futsalpoint.net/
■ FMヨコハマ
 http://www.fmyokohama.co.jp/

「相手のことを考えながら動く。それはサッカーもアナウンスも同じなんです」


↑実況の他、イベントのMCも


↑さがみ大沢FC にて

 

9歳からサッカーを始め、相模原市で最初のJリーガーとなった波立紀夫さん。'03年に現役を引退し、アナウンサーという新しい道を歩み始めた。ラジオ、テレビ、CM、イベントと幅広く活動しながら、サッカーへの熱い思いは いまだ冷めることがない。


新しいフィールド
 毎週日曜日の午後、波立さんはサッカー場からベルマーレ湘南の選手たちの声をFMラジオの電波に載せる。
 アナウンサーとして、選手たちの生の言葉を引き出し、視聴者に伝えていく。
「元は同じ選手でしたから、最初の壁がないという点では得してるかもしれません。でも友だちとしてじゃなく、ちゃんと聞いて伝えないといけないから、緊張もします」
 サッカー選手からアナウンサーへ。まったく畑の違う世界へ飛び込んだ。
「広く人に何かを伝えることをやりたいと思ってました。サッカーに関して言えば、自分ならプレーヤーの目線も含めた実況ができるんじゃないかと」
 解説ではなく、実況を選んだ。『難しいよ』と言われるたびに「絶対なってやるって、燃えました(笑)」と言う。
「タレント感覚ではなく、言葉のプロとして真摯に考え、伝えたいって思ってます。伝えるって大事なことだから」
サッカーとの出会い
 相模原市で生まれ育った波立さんは小学3年生の時、上溝南小学校に転入し、サッカーと出会った。県内でも有数の強豪チームで部員数も多かったが、母譲りの俊足と持ち前の負けん気でめきめきと頭角を現す。
「子どもの頃から、両親には柔軟体操をいつもさせられていました。父とはよくキャッチボールをやって、ボールが顔に当たっても『なんでそんな球が捕れないんだ』って言われたり(笑)」
 中学、高校、そして社会人チームとサッカーを続け、Jリーグが開幕した翌年『ベルマーレ平塚』に入団、プロの選手となった。その後移籍したチームが解散。一時引退を余儀なくされた時期もある。
「チームが存続していくことの大変さを知り、幅広い人脈をもつことや、人に伝えることの重要さが身にしみました」 
再びピッチに立ったのは'01年。仕事をしながら、55試合に出場した。
「3年間、またサッカーをやれて、充実した気持で引退を決意出来ました。これって幸せなことだと思います」
 '03年に東京アナウンスセミナーに入校。しゃべるための勉強を始めた。
たくさんの人と触れ合いたい
 スポーツ実況、ラジオ番組の他に、リポーターやイベントの司会進行など多忙な毎日を送る。モデル事務所に所属し、企業パンフレットやCMにも出演。今月中旬から有名スポーツ選手と共演したCMがオンエアされる予定だ。
 また、週2回大人を対象としたフットサルスクールでコーチを勤めている。
「初心者の方にも楽しめるようプレーしてもらってます。気が付かないうちにたくさん走るから、20kgも痩せた人がいるんですよ」
 その一方で選手としても復帰、さがみ大沢FCでボールを追う。
   最近では、小学校のPTAから講演の依頼を受けた。自分自身の経験をもとに、子どものうちから体を動かすことの大切さを語った。
「子どもの頃に覚えたことは大人になっても体が忘れない。どんどん体を動かした方が、何が危ないのかを知ることもできると思うんです」
 依頼があればどこへでも話に行きたいと言う。
「ギャラは応相談(笑)! 出会って伝え合うことを大事にしたい」
 話す仕事を重ねる程、自分の言葉に責任と重みを感じる。
「生活が変わりました。今まで興味がなかったことも、その奥にある意味を考えるようになった」
 華やかに見える反面、苦労することも多い。それでも自分の持つ可能性を信じ、挑戦し続けていくことを芯から楽しんでいるように見える。
「いつか旅番組をやってみたい。世界中の人と触れ合いたいです」
 波立さんのピッチは、どこまでも広がっていく。

■ プロフィール
1990年 3月 私立横浜商科大学高等学校卒業
1990年 4月 (JSL)東邦チタニウム(株)入社・入団
1994年 2月 ベルマーレ平塚 入団
1995年 2月 福島FC (JFL)入団
2001年 2月 横河武蔵野FC (JFL) 入団
2003年11月 現役引退
2003年 東京アナウンスセミナーへ入学・在学中
2006年〜 FMヨコハマ「WE LOVE SHONAN」に出演中
    (15:47〜『WE LOVE 湘南ベルマーレ』)
2007年9月 さがみ大沢FC(神奈川県リーグ1部)入団

 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ