発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  この街・あの人・どんな顔 >>  しまだ あや
この街・あの人・どんな顔 2006/06/05掲載

「花風車の森」でデビュー
シンガーソングライター
    しまだ あや


しまだ あや  1981.9.12生

●プロフィール
相模原市出身 市内在住
2003年昭和音楽大学ミュージカル科卒業。
・在学中、オペラ界で世界的に活躍する柴田智子氏に師事。ニューヨークにて発声の基礎を学ぶ。
・横山由和氏演出のミュージカル「みどりの天使」で主役をつとめる。
・2005年3月 奄美島唄唄者、朝崎郁恵氏の舞台で挿入歌を歌う。
・2005年5月 東芝EMIより発売された沖縄音楽コンピレーションアルバム『懐かさぬ風』に参加。『えんどうの花』を歌う。
・2006年4月 沖縄「浜辺の茶屋」主催ライブに出演。
・同年6月 オリジナル曲『花風車の森』でCDデビュー。

■公式HP  http://shimadaaya.com/

「NYも沖縄も、人の温かさは同じ。近くにいてくれるありがたさを知りました」


↑4月、沖縄で働いていたカフェ主催のライブに出演。海の浅瀬に設営された舞台で歌う。


↑5月1日、青山で行われたライブ。ペーパークラフト作家 広井敏通氏が作る花風車は「人を笑顔にする力があるんです」

 

今まで出逢った たくさんの人々。いつもそばにいてくれる この地球(ほし)の自然たちに「ありがとう」の気持ちを忘れないでいよう。―あなたがいてくれるから あたしがある。(しまだ あや)


    生まれも育ちも相模原。なのに不思議と“島の子”の雰囲気が漂う。太陽の下を駆け回るたくましさと、木々や波と会話する繊細さが見え隠れする。
「沖縄に1年間暮らして、自然の大きさ、素晴らしさを全身で感じました」
 沖縄では仕事をしながら、朝に夕に浜辺で海に向って歌った。その期間に感じ得たものは、「それまでの考え方が逆回転しました!」というくらい大きく、しまださんの転機となる。
 幼い頃からピアノを習い、高校は音楽コースのある学校へピアノで進学した。その高校生活の中で「人前で歌う機会があって本当に気持よかったんです。楽しい!って思って…」
 その想いから、昭和音楽大学ミュージカル科に進学。舞台に立つ “気持よさ”が やみつきになった。
 卒業後、大学時代の恩師に導かれ、ニューヨークへ行く。レッスンを受け、本場のミュージカルを観た。多人種が集まり、貧富の差を持ちながら夢を追い続ける姿を目の当たりにする。
 ほぼ同じ時期、日本でオーディションに受かり、ミュージカル『みどりの天使』の主役、少年チトを演じた。
「役づくりに悩むこともなく自然にできました。初めての舞台でこの役を頂けたことは本当にうれしかった」
 その一方で舞台の怖さも知る。
「舞台に立つことは裸になるのと同じ。どんなに上手に演じ、歌っても、その人のもつ力量や人間性が絶対にわかってしまう怖い場所だと感じました」
 自分自身の音楽の方向性を考え直すタイミングを得たその頃、沖縄民謡の歌手 古謝(こじゃ)美佐子さんのライブで大きな衝撃を受けた。
「初めて触れた世界でした。古謝さんは全く気取らず、気負わず、とても幸せそうに歌っていて…それが自然に伝わってくるんです」
 沖縄への想いがつのった。偶然知人から、沖縄で働かないかと声をかけられ
「気がついたら沖縄にいました(笑)」
 大きな窓のすぐ下まで波がくる、浜辺のカフェで働く毎日は忙しかったが、自然と共に生きる沖縄の人々のおおらかさに触れ、詩やメロディが自分自身の中から自然にあふれてきた。それまで意識もしなかった潮の満ち引きや月の満ち欠けを感じる毎日は、その後のしまださんに大きな影響を与える。新しい自分が生まれた1年だった。
 その後、東京で行われた音楽劇の挿入歌を歌うことになる。その歌声がテレビ関係者の耳にとまり、正式なデビューへつながった。
 6・7月に『NHK みんなのうた』で放映されるデビュー曲『花風車の森』は、
「不安や寂しさの中でも希望をもち続け、自分自身の中にある花風車の森(幸せ)を想い出してほしいという歌です」
 作詩は、本紙コラム「カメ先生の教育図鑑」でおなじみの小学校教諭 千葉晋一さん。いじめなど様々な問題がある中、子どもたちに大切なものを見失わないで欲しいとの思いを綴った詩だ。
 CDが発売される6月15日は、偶然にも両親の30回目の結婚記念日。そして父の誕生日でもある。
「父は恥ずかしがり屋で面と向ってはなにも言いませんが、とても喜んでいるよ、と母が教えてくれます」
 5月に青山で行われた初のソロライブでは、父はカメラを手にしたまま下を向き涙ぐんでいた、と母から聞いた。

  人の想いで静かに回り
  元気のネジをまいてくれる
  まわれ まわれ 花風車

透明感のある歌声に、覚えやすい歌詞とメロディ。口ずさむうちに、優しい気持ちになれそうだ。

マキシシングル『花風車の森』
[花の風車手作りキット入]

  歌  しまだ あや
  作詞 千葉 晋一
   作曲 黒木 千波留
   作画 坂本サク
  3曲入 1,000円
   全国CDショップにて 6月15日発売

   みんなのうたHP
   http://www.nhk.or.jp/minna/

■ライブのスケジュール■

『琉球魂〜Peace Project〜』
出演/朝崎 郁恵・寿・永山尚太・こま
   しまだあやwith 江草啓太(ピアノ)
場所/新宿Naked Loft
日時/6月23日(金) 開場/18:30 開演/19:00
前売/¥2,000 当日/¥2,300 (共に +1drink〜)

しまだあやライブ『花風車の森』in 相模原
場所/アニモカフェ http://www.animocafe.com
日時/8月12日(土) 料金/¥2,000(飲物・菓子付)
・ 1回目 開場/16:00 開演/16:30 ※入替制
・ 2回目 開場/19:00 開演/19:30

■CD・ライブの問い合わせ■
mauve(モーヴ)

tel&fax 03-3702-1618
e-mail/mauve@mauvenet.com
東京都世田谷区玉堤1-12-20ウェルストン玉川405

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ