発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  味 紀 行 >>  うどん屋 開都(かいと)

2012/10/05掲載 
 

うどん屋 開都(かいと)

■ 東京都町田市相原町2180-1
■ TEL 042-775-5701
■ 駐車場 有
■ 営業時間 昼/11 :00〜15 : 30 (LO.15 : 00)
       夜/17 : 00〜22 : 00 (LO.21 : 30)


かいと外観

かいと地図


かいと店内

品書きの一例
かけうどん 480円
ざるうどん 580円
天ぷら盛り合わせうどん 880円
たっぷり野菜の竜田揚げ丼 680円


かいと店内

かいと店内

 

築二百年の再生古民家で食べる、ほど良いコシとなめらかな喉ごしのうどん

 町田街道を高尾方面へ向かう相原十字路の手前に、懐かしい佇まいの『うどん屋 開都』が、今年6月に開店した。

「昔、この辺りには茅葺き屋根の家がたくさんあったんです。木の温もりの中で、おいしいうどんを食べていただきたくて、大きな農家さんの古民家を1年かけてほぼ原型のまま移築し、木の梁と柱で作られた『空間』を再現しました」と話す店主は、10年ほど前から、町田市野津田の人気店『讃岐うどん かいと』を営む傍ら、各地方のうどんを研究し、うどん作りに情熱を傾けてきた。

「麺が細いと出汁によくからむのですが、かけにするとすぐコシがなくなるのが難点。今回やっと、ざるでもかけでもおいしく食べられるうどんができました。相原では、讃岐でなくその細めのうどんをお出ししています」

 確かに、コシもありツルッとした喉ごしも楽しめる。このうどんの味を最大限に活かす出汁、サクッと揚がった天ぷら、季節の素材を活かした創作うどんなどを作るのは、この道20年の板長。

お酒がすすみそうな一品料理各種も人気で、イチ押しは「親鳥の炭火焼き」。卵を産むために充分肥育させた親鶏の中でも柔らかいものを厳選。とにかく味が濃くてプリッとして美味。ごはんものも充実しており、「たっぷり野菜の立田揚げ丼」などの丼ものや「とろろごはん」などがあり、それぞれハーフサイズも用意されているので、うどんと一緒に注文するのに丁度良い。
 和みの空間に浸り、食事をするだけでなく、ゆったりとしたひとときも過ごせそうだ。

かいと 料理
↑鴨せいろうどん 1,280円
ローストした国産の鴨肉と、その肉汁で焼いたネギや油揚げ、ナスなどの野菜がたっぷり入った風味豊かな出汁で食べる

かいと 料理
↑開都満喫うどん 1,100円
かけ、ざるを両方味わえてお得。つけだれも、生姜・柚子の2種類。サクッと揚がった天ぷらも美味

かいと 料理
↑バーニャ・カウダ 780円
厳選した新鮮野菜を開都特製のバーニャ・カウダソースで食べる

かいと 料理
↑ほうじ茶のプリン 430円
ほうじ茶が香り立つ、ほのかな苦みのプリンに、熱々のあずき汁をかけて食べる。甘過ぎないデザート

※お料理の内容は、季節により変わる事がございますので、予めご了承ください 

HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ