発信/読売新聞「ほうむたうん」編集室
〒252-0143 相模原市緑区橋本3-21-12
         グリーンピア長嶋1-A
TEL 042-707-7550 FAX 042-707-7551
E-mail info@yc-hometown.org
今月号の記事から この街・あの人・どんな顔 Shop Guide インフォメーション 読者プレゼント こどもセンター
バックナンバー この街・あの人・どんな顔 味 紀 行   Shop Guide ぷれいすがいど
相模原・城山エリアの販売センター 各販売店所在地・配達エリア 各販売店取扱紙・ご購読申込み リンク集
このページは… トップページ >>  味 紀 行 >>  天麩羅 小懐石料理 天 陽

2011/ 3/05掲載 
 

天麩羅 小懐石料理 天 陽

■ 相模原市中央区相模原2-2-20 山田中央ビル2F
  JR相模原駅南口駅前 
■ P 相模原駅隣接市営駐車場限定 ランチ60分、ディナー120分駐車券進呈 
■ TEL 042-707-4745
■ 営業時間 昼 (平日のみ)11:30〜14:30 (L.O.14:00)
       夜 17:00〜23:00 (L.O.22:00)
■ お食事価格 昼 500円〜、夜 850円〜
■ 定休日 水曜日
http://www.tempura-tenyoh.com/pc/


天陽(てんよう) 地図

天陽(てんよう)座敷席

天陽(てんよう)天丼
天丼 850円

天陽(てんよう)小懐石料理
小懐石 5,200円コース(要予約)
※コース限定の飲み放題 2,000円

天陽(てんよう)アイスの天ぷら
アイス天 350円 パリっと揚がった衣の中に冷たいアイスクリームが…

 

 本格的な天ぷらと王道の和食を味わう おとなの隠れ家

  相模原駅前(南口)の横浜銀行脇のビルの2階にある「天陽」は、本格的な天ぷらや和食が味わえる店。駅前ながら、喧噪を逃れた静かな店内は、ゆったりとした雰囲気となっている。

 天ぷら専門店の老舗「つな八」で修業をした店長の揚げる天ぷらは、黄金色にからりと揚がり、サクサクとした食感。 昼は、桜エビかき揚げ丼500円、天ぷら定食850円、天ぷら、刺身、へぎそば、茶碗蒸し、小鉢、デザートが付いてお得なレディースセット1500円ほか数種。

夜は、天ぷらのほか、お造りや焼き物、季節の一品料理などがあり、 利き酒師の店長に、季節や料理に合わせた酒を見立ててもうらうのも一興だ。

 また、店長の故郷、新潟名物の「へぎそば」という、布海苔をつなぎにしたしなやかなコシのある蕎麦もあり、飲んだシメに注文する人が多いそうだ。

 「天陽」には、広いカウンター席があり、お好みのネタをひと品ずつ目の前で調理してもらい、揚げたてを食べることもできる。
そのほか、テーブル席、仕切られたボックス席や小上がりの掘りごたつ席があり、少人数から25名までの接待や会食もできる。

宴会用には、天ぷら盛り合わせ2800円〜、小懐石コース3600円〜が用意されており、飲み放題(エビス生ビール、サワー、ワイン、日本酒焼酎、ソフトドリンクほか)を2000円で付けられる。もちろん昼間の会食にも対応している。いずれも2日前までの予約をおすすめする。

「うちでは、できるだけお客様の要望にお応えして、個人店ならではの、おとなの方がちょっと我がままが言えて『ほっと一息いれられる場所』になるよう心がけています。料理も奇をてらうものではなく、日本人が慣れ親しんできたものを作っています。天ぷらは太白胡麻油で揚げていますので、軽くてヘルシーなんです。てんつゆのほか自家製つけ塩も用意していますのでお好みで召し上がっていただいています」
朴訥とした店長の語り口そのままの、気取りのない雰囲気が心地よい店だ。

価格は取材当時のもので、変更される場合があります。


HOME |  ご意見・お問い合わせ |  ページのトップへ